MENU

院内紹介明るく、自由な空間で快適な療養生活

明るく、自由な空間で快適な療養生活

生活空間を大切にする療養方針から、1床あたりのスペースの広さが当院の特徴の1つ。また、全病床には段差がなく、開放的環境のもとで療養生活を送っていただけます。

また、ご家族の方の相談を聞いたり、治療方針についてや心の悩みを聞いてほしいという方のためのカウンセリングルーム、うつ状態の方をケアするストレスケア病棟も設けています。

さらに、禁煙を精神的ストレスとして感じられる患者様のためには、専用の喫煙ルームも特別に用意するなど、柔軟で心の通った対応を行っています。

当院は、ご家族の方などによる院内見学も受け付けていますので、気軽にお尋ねください。

外来棟

ニキハーティーホスピタルは、2010年8月、更に進化しました。
当院は、皆様に支えられこれまで成長発展してくることができました。平成22年1月には寺岡院長が就任しソフトの面で大きなバージョンアップを行いましたが、更にハードの面でのバージョンアップとして、2010年8月16日に新しい外来棟がオープンいたしました。

外来棟 受付

ホスピタリティを皆様に提供するため、病院という枠を打ち破りまるでホテルのフロントのような明るくゆったりとできる空間を演出しました。

自然と命をテーマに、アースカラーの大きな切り立った壁面は自然の厳しさを表現し、そこに滝をイメージしたガラスブロックと、その間には生き生きとした緑の植物を配置しました。対面には命の躍動を表現した淡い色使いの曲線の壁面は優しく母のように空間を包み込みます。自然界の父性性と母性性を表現しています。その自然に包み込まれる空間には、自然光が間接照明のように柔らかな明かりを提供しつつ、天井からは我々の信念を表すようにと凛とした2本のLEDの明かりが突き進みます。磨き上げられた白い床は、様々なおもいで訪れる患者様の心を明るくできるようにとの願いが込められています。

壁面緑化はサントリーの協力を得て実現することが出来ました。季節により緑も変化していく事でしょう。

外来棟 会計

また、省エネ、エコを意識して照明は発光ダイオードを多く採用しているのも特徴です。更に、患者様へのサービス向上とスピード化として外来自動受付機や診察の順番や呼び出しをディスプレーで表示するシステムや、大きな総合病院などに採用されている自動会計システムも導入しました。会計が終わると自動的にお薬の引換券が発行されます。そのほか、次回の診察予約を診察券に印字するシステムなど最先端の機器を採用しています。診療面では電子カルテやオーダーリングシステムが動き出します。
空間と技術をつかい、患者様の病院での動きや流れを考え、より快適な治療が受けられるようにしています。

ニキハーティーホスピタルは日々進化します。これからも、より良いサービスとハートフルな、まごころを皆様にご提供できればと考えていますので、あたたかい見まもりとご声援をお願いいたします。

このプロジェクトが実現できたのは、私達の想いを現実に近づけるために努力や工夫をされた相原設計事務所、三津野建設やアクアトレーディング、MOMほか、ここに挙げきれない数多くの方達のチームワークとすばらしい技術、協力によりなされていることをお知らせいたします。感謝、感謝。

新外来棟 診療室 新外来棟 診療室 新外来棟 診療室